• 九州最古の茶商 矢部屋 許斐本家
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

玉露の産地福岡県八女市

江戸宝永年間(1704~1710)に許斐甚四郎が、筑後国上妻郡福島市に山産物商「矢部屋」を興したのが始まりです。幕末慶応元年になると、現在地へ移り、茶に特化した専門店問屋を開きます。以降、当家では此の地のお茶の特徴を生かし、技術改良に心血を注ぎ、明治期には初代久吉が良質の茶を見出し、「八女茶」の名を付けました。その後、「八女茶」は、コク甘みに優れたるお茶が多く産出され、日本有数の高級茶として名声を博しております。

八女茶禅一味

八女の地名の由来となった女神「八女津媛」のおわす 山紫水明のこの地にて
茶と供にその土地を守り継いでいくこと=【八女茶禅一味】を当家の理念に掲げ、
皆様に喜んでいただける八女茶をお届け出来るようこれからも精進して参ります。
何卒一層の御引立ての程宜しく御願い申し上げます。

十四代 許斐久吉

伝統的建造物

八女福島の町並み

天正15年(1587)秀吉によって上妻郡領主として
封じられた筑紫広門が八女地方の中心地・福島に
福島城を築城しました。その後、筑後一国の領主
となった田中吉政が、慶長6年(1601)に福島城の
周囲を三重の堀で囲む城下町を整備しました。

左図/久留米篠山城に所蔵されていた古地図をもとに復元した福島城の縄張りと城下町(田中吉正改修期)

おすすめ1 焙炉式 八女茶 本場の本物認定

創業以来培われてきた秘伝の調合を用いて玉露の味に深みを出し、
その茶葉を原料に、伝統製法で、炭火を焚き、丈夫な八女和紙の上で丹念に焙煎したお茶がこの焙炉式玉露です。遠赤外線で焙じられるお茶は、渋みが少なく、濃厚な甘みと旨みがあり、ホイロ香の懐かしいまろやかな薫りが漂います

詳しくはこちら

おすすめ2 御贈答品 ありがとうの想いを伝えたい

つれづれを楽しむいこいのひとときを贈りたい。
八女の自然とお茶作りの伝統がはぐくんだこのみ園
銘茶ギフトは温かな印象とともに贈る人の澄んだ
気持ちを伝えます。心づくしを先様へ。

詳しくはこちら

おすすめ3 八女茶使用 和洋菓子 香り高い八女の抹茶をたっぷり使用した大人の味

通常抹茶菓子に使われる抹茶の量より倍の量の八女抹茶を使用することにより、後にお茶の香味が残るスッキリとした味わいの抹茶菓子になりました。口溶けの良さも自慢です。食べ始めたら止まらなくなること請け合いです。この美味しさをぜひご賞味下さい。

詳しくはこちら

喫茶室

くつろぎの空間

矢部屋許斐本家は、宝永年間(1704~1710)より続く製茶問屋で、先祖は八女茶の名付け親でもある。建物は、八女福島伝統的建造物群保存地区のほぼ中央に位置し、往環道に北面して建つ江戸後期に建築された居蔵(いぐら)と呼ばれる町家を主として現在8棟程遺っています。今回 戦前に接待等で利用されていた明治38年築の中棟にて お客様をお迎えできる喫茶室をご準備いたしました。予約制(前日昼までご連絡下さい)の喫茶室となりますが、玉露、煎茶、抹茶(各700円、菓子付)を当時の雰囲気そのままに、落ち着いてお飲み頂けます。

詳しくはこちら